ー合同遠隔セッションお客様の声限定企画

いずみ流書くワークショップは“書く瞑想”みたい

東京都にお住まいのS.J.さまよりご感想をいただきましたのでご紹介します♪

いずみ流書くワークショップ

ネガティブはネガティブじゃなかった! 

ワークショップでネガティブなことを書き出したのですが、

ネガティブなことの中に自分の本当の望みや願いが隠れていたことを発見しました。

ネガティブはネガティブじゃなかったんだ!と気づけて、

とても新鮮で嬉しかったです。 

書き出したネガティブなことの中に一切人の悪口がなくて、

自分で自分にびっくりしました。

ワークショップを通じて自分の成長を感じられて嬉しかったです。

以前の私なら紙が真っ黒になるまで人の悪口を書き殴っていたからです。 

ポジティブなことを書き出したら、

自分がどんな人と出会いたいかに気づけたのですが、

そんな人を待っているのは違うことにも後から気づけました。

なんだかそれは受け身な感じがして、本当の望みとは違うとも感じました。

ワークショップの後、セッションまでにさらに自分で掘り下げることができたのです。

自分が出会いたい、そんな理想の誰かを待っていたいのではなく、

自分自身がそういう人になればいいんだ!

そっちが核心なんだと気づけたのです。 

書くワークショップはシンプルですが、深かったです。

書くことで自分の深い部分と繋がることができて、

書いてから時間を置いてまた振り返るとまた深さが増していきました。

発見や新鮮な驚きが続き、書くワークショップは書く瞑想のような、そんな感じでした。

ワークショップだけでなく、

いずみさんのセッションまで付いていることが本当にお得でした。

私の言っていることが本音、本心からの言葉なのか、

そうでないのかはいずみさんには良い意味で簡単にバレてしまうので、

本当の自分と向き合いたいと思っている人にとてもおすすめのワークショップだと思います。 

今回は参加できてとても良かったです。

八節気合同遠隔セッション(秋分)

・「ものを片付けて今の半分にするといい」 

セッションレポートのこの部分が印象に残っていて、何ができるかを考えて、

実際にやってみたことが、メールの断捨離でした。 

20年くらい前から使っていて迷惑メールが増えてきていた一番古いメールアカウントや

他のメールアカウントを2つほど年末までに完全に削除しました。

結果として削除したメールの件数は合計25万件以上でした。

古いメールアカウントは不要なメールを削除するタイミングを逃したまま、

まるでゴミ屋敷のように溜まりに溜まってしまっていたのです。

形のないものとはいえ、かなり思い切った断捨離でした。

おかげで迷惑メールも退治できて、使っていないサービスの会員登録も整理して、

かなり手間も時間もかかりましたが、とてもスッキリして身軽になりました。 

合同遠隔セッションのレポートは毎回かなりのボリュームがあり、

なかなか全部実践に移すことはできていないのですが、

それでも気になったものだけでも実践してみると良いと思います。 

断捨離のきっかけをくださり助かりました。

きっかけがなければ大量のメールを放置したまま新しい年を迎えてしまうところでした。

ありがとうございました。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA